Mac購入後日談
昨年の7月にMac miniを購入してからも、魅力的な製品・サービスを矢継ぎ早に発表するAppleに、相当の「お布施」をお納めしてきたわけだが、逆に言えばそれだけ楽しい時期にMacを買ったのかもしれない。

マカーになってからの大きな動きの一つは、いまだに定期的なお布施要因になっている「iTMS」の開始である。
とにかくiTMSの中をサーフィンしているとキリがない。
1つお気に入りの曲を見つけると、iMixつながりで同じ系統の好みの曲が数珠つながりに見つかってしまい、ショッピングカートはどんどん膨らんでしまう(デフォルトの1クリック購入では、衝動買いの連続でゼニがもたないので、カート必須)。
最近はミニストアなんてものでライブラリからも繋がってしまうし、ストアもなんか「Just For You」とかいうオススメを自動的に提示してくる機能がついたりして、これをまたよせばいいのに学習させちゃったりなんかしたため、散在の危険性が更に高まっている。

次がMightyMouse。やはり元ドザとしては1ボタンマウスには抵抗があり、Mac購入当初からロジのワイヤレスマウスを使っていたのだが、やはり純正2ボタンが出てしまったら買わないわけにはいかず、発表の当日にポチっていた。
結論から言うと、それほど使いやすいものではなく、かつ3ヶ月位でグリグリの球が作動しなくなったので、今はまたロジマウスに戻ってたりするが、やっぱり純正のデザインはいいなぁと思うし、後悔はしてない。
願わくばワイヤレスが早く出てくれないかということ。

次のお布施対象となったのが、nano。
とりあえずあの小ささは衝撃的。
更にカラーディスプレイでジャケット表示可能等、機能もフル状態で、かなり迷った。
結局、第4世代20Gはまだバリバリ快調だったのだが、オープンしたての渋谷のストアに巡礼した際に、衝動を抑えられず購入してしまった。
それ以来、通勤に、スノボに、旅行に(海外に行った時には「時計」の機能がかなり便利だった)、大活躍中である。

その後第5世代iPodが発表され、これもVideo機能が楽しそうでかなり迷ったのだが、nanoを買ってしまっていたことで、かろうじて踏みとどまっている。
(Apple信者としては失格?)
しかし来るべき買い替えに備え、日々Videoコンテンツの充実に余念がないこの頃である。

その後もnanoのケースを3つほど買ったり、車載アクセサリを買ったり、iLife6を買ったりと出費はとどまるところを知らない。
次は何にお布施しようか、やっぱりインテルMacか、でも新しい第6世代iPodも欲しいし・・・と、すっかりApple信者になってしまった今日この頃である。
[PR]
by i196 | 2006-04-20 01:07 | Mac
<< Apple製品は不良が多い!? ブログ名、ちょっと変えます >>